読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G r e e n … l o v e r

グ リ リ バ の 民 (✿╹◡╹)

恋する暴君 森永哲博のお誕生日

7月5日

森永哲博くんお誕生日おめでとうございます。

恋する暴君
私が以前、語りに語った暴君です。

今日は誕生日にあやかって
たくさんの知識を蓄えてきたので語っていきます

_________________________________________

私がやっぱり思うところがあるのは

森永家のことです。

森永くんはやはり家族に
ぞんざいに扱われたことが
なにより心の奥底にはあって、
巽家のお父さんが寛大な心の持ち主で
(宗一とはそのあたり似ても似つかない)
それを分かっているから森永くんは
自分の家族のことになると巽家と比例してしまい
余計に辛くなってしまうのがなんとも言えなくて…

でも今度から立ち向かうにしても
兄さんも味方だし心強いと思うんですよね


そんな森永くんだから健気で自分に自信がなくて
本当にあの太陽のような笑顔が無邪気で眩しくて
宗一兄さんはよく笑う森永くんを見てきたからこそ
泣き笑いのような森永くんを見る度に気になって
どこか胸のあたりに引っかかりがあって
めんどくさいことは考えない宗一兄さんが
一生懸命かたい頭を使って他人の事を
考えるのって本当に凄いことだと思うんですよ

本当に最初は無愛想で欠落人間だったはずなのに
だんだんと森永くんに気付かぬ間に感化されてから
宗一兄さんは雰囲気が柔らかくなったんですね
森永くんも本当は宗一兄さんは優しくて
その優しさに何度も惹かれて諦められない森永くん

森永くんは先輩の態度がだいたい不機嫌(そう)でも
最初はまず聞かないで考えるんです。
それを自分の行いを振り返って自信が無い為に
勝手に悪い方向に考えすぎて
勝手に行動しちゃうのが読む度に切なくて泣けます…

宗一兄さんも思っていることが
森永くんになかなか言えずに
なにか思っていることがあるなら
言えばいいと思うだけの宗一兄さん

そういうところが似ている2人。

宗一兄さんは〖 ゲイやホモ 〗に対しては
抵抗があるけど森永くんだけは特別で…


宗一兄さんは元々他人に
興味をもつような人じゃないんですよね
だからこの感情がなんなのか理由がわからない
というのもそういうことだと思うんです。

7~8巻にかけての2人の割と深刻な喧嘩

確かに誘うのは森永くんからだけども
宗一兄さんも態度だけ見ていると
森永くんが勘違いするのも無理がなくて
「恋愛脳」という言葉。

兄さんと再会してから森永くんは
ちゃんと先輩のことを考えて
ゆっくりでもいいから大切にしたい想いが
伝わって体は正直だから心で誠意を示そうとしてる
森永くんが真っ直ぐで本当にたまりません

森永くんも人を好きになっても
過去にたくさん苦労した上で長年の片想いで
一人の人を思い続けて好きになるっていうのは
本当にかっこいいし応援したいんです。